TOP アクセス 5/12(金) 5/13(土) 5/14(日) 記事一覧 メール


 
おはようございます。
千葉、茨木、岩手、秋田、熊本…
何だか地震が多くて
気になりますよね…

one.png 
気象庁発表の最近の地震速報。


はぴままでは今週7月22日(金)に
「ママのための地震減災教室」を開催。
gensai1 (9) 
当日朝まで参加者を受け付けています。
申し込みフォーム⇒こちら

今回はいつもにも増して実践型。
gensaimochi.jpg 
会場の駿府匠宿の中を
「今揺れたらどうする?」と

講師の江夏猛史さんや防災士さんと
考えながら匠宿の中を歩き、
シミュレーションを行います。

そして、はぴままでもご存知、
onodakisin2.jpg 
小野田産業さんのご協力で
起震車の体験もできます。
onodakisin.jpg 

サバイバル法や備蓄品は
もちろん大事です。
images_2016072011115233b.jpg 
でも、それが役立つのは
震災を生き残れた人だけ。

残念なことに
いくらサバイバル法を覚えて
備蓄品をそろえても
生き残ることができるとは限りません。
IMG_5401.jpg 
「生き残るための対策」と
「生き残った後の対策」を
ちゃんと分けること…
一緒に考えて動いてみませんか?
gensaimochimune (10)
夏休みで続く
通常と違う毎日。

家庭で防災について
話をするいい準備に
なればいいなと思っています。
gensaimochimune (31) 
ママさん以外の方の参加も
大歓迎です。

申し込みフォーム⇒こちら



『ママのための減災教室③』

日程:7月22日(金)
時間:10:00~12:00
受付:9:30スタート
会場:体験工房駿府匠宿
   自由工房にて
住所:静岡市駿河区丸子3240−1
料金:無料
駐車場:200円(一日止めきり)

内容:
はじめて減災教室を受ける方を
対象にした教室ですが、
今まで受けた方にとっては復習や
熊本地震についての情報、
匠宿の中を色々と歩くことなど
シミュレーションを行う
いい機会にもなるかと思います。

・減災教室とは?
・熊本地震の報告
・「生き残る対策」と「生き残ったあとの対策」
・施設の中を歩いて地震を想定しよう

※起震車が手配できれば
 起震体験も予定しています

申し込み:以下のフォームか、メールにてお申込み下さい
メール:hapimamayoyaku@gmail.com
申込〆切:7月22日(金)7:00まで
お問合せ:はぴまましずおかメールまで
hapimamacafe@gmail.com

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿する
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

はぴまま実行委員会

Author:はぴまま実行委員会
静岡のママをハッピーに♡
子育てママのための癒しのイベント『はぴままカフェ』を2月、5月、9月の年に3回、静岡市の「駿府匠宿」にて開催しています。託児付マッサージ、ネイル、ハンドメイドの子ども用雑貨や洋服、おいしいスイーツやお弁当を用意しています! 
その他、ママのための地震減災教室を開催、中山間地の子育て支援のサポート、日本平動物園とのコラボ、新静岡セノバやエスパルスドリームプラザでの開催、西部での開催など、静岡県下にて幅広く活動中♪
詳細については、こちらのブログと「はぴまま実行委員会」Facebookにて情報公開中!子育てを一緒に楽しみましょう♡

全記事表示リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

更新通知を受け取る