TOP アクセス 6/24(土) 6/25(日) 記事一覧 メール



先日の「減災教室③」。
gensai3 (11)
講師である江夏猛史さんの
 「ひとりの命でさえ守るのが大変なのに、ママさんは二人とか三人の命について考える…本当にすごいことです。そして、責任が重い。」

そんな話から始まった
お教室でした。



毎回、お教室の際に
参加者のみなさんに
お願いしているアンケート。

内容が地震減災という内容なだけに
毎回かなりドキドキしながら
拝見させてもらうのですが…(苦笑)

今回も沢山の気づきをもらい
感動させてもらいました。

体験してくれた方の言葉が
何よりだと思っています。
参考までに
以下にご紹介しますね。


8月5日(金)に開催する
初の「親子地震減災教室」。
長期休みにしかできない企画かな…と
思っているので、
滅多にないチャンスです♪

募集フォーム⇒こちら


【はぴまま地震減災教室③参加者の声】

gensai3 (3)

gensai3 (5) 
「子供を連れて震度7を体験して、実際に地震が起きたときにどうすればいいのか、すごく不安になりました。家の中や普段よくいく店などで、どのように行動するか常に考えるようにしたいと思いました。地震対策はいつも、生き残れると仮定をして被災生活をどうすごすのか考えていたが、まず生き残ることの大変さを知りました」


gensai3 (6) 
「『正解がないことが正解』ということにそうだった…と思いました。こう避難すれば大丈夫とか教わるのかと思っていましたが、そんなのあるわけないですね。そうだった、わかっていたのに。つまり、逃げ方まで教わってどうにかしようという人任せな気持ちが自分にあったということです。自分は災害に関心があって、気を付けて生きていると思っていたけど、とりくむ気持ちがすごい甘えていたと知りました」

gensai3 (1)
「考え方が変わりました。生きるためにどうするのか、ずっと机の下で頭を守ることだと思ってました。どうすればいいのか、どこに行けばいいのか、正解がないので自分で考えたいと思います。子どもと家族と生きるために、話し合います。」




『はぴまま親子減災教室』

【日程】
2016年8月5日(金)

【時間】
①午前の部10:00~12:00(受付9:30~)
②午後の部13:00~15:00(受付12:30~)

【会場】
静岡県地震防災センター
(静岡市葵区駒形通5丁目9番1号)

【対象】
主に小学生のお子さんと保護者の方
(それ以外の方の参加も歓迎です。ただし、未就学児はお子さんによって保護者の方と一緒に参加をしてもらうこともあります)

【内容】
はぴままではじめて開催する、親子を対象にした「地震を生き残るための講座」です。今までの防災とは異なる、実践をメインとした考える地震減災教育の教室です。保護者の方にはお子さんの理解度を知っていただき、今後の減災に役立ててもらい、お子さんにとっては考えるきっかけを与える内容でお送りします。自宅に持って帰って家族で話をしたり、通学路を一緒に歩いていま一度地震について考えるきっかけにしてもらうための講座です。小学生を対象とした講座のため、未就学児は、お子さんによっては保護者の方と一緒に参加していただくことになります。

・減災教室とは?
・建物の中を歩いて考えよう
・起震体験(予定)
・通学路について考えよう

※起震車が手配できれば起震体験も予定しています
※内容によって可能なお子さんは親子で別れて行動します
※今回は簡単な宿題を持参していただきます

【申込み】
申し込みフォーム⇒こちら

【申し込み締め切り】
2016年8月5日(金)7:00まで

【問合せ】
はぴまましずおか
hapimamacafe@gmail.com






スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿する
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

はぴまま実行委員会

Author:はぴまま実行委員会
静岡のママをハッピーに♡
子育てママのための癒しのイベント『はぴままカフェ』を2月、5月、9月の年に3回、静岡市の「駿府匠宿」にて開催しています。託児付マッサージ、ネイル、ハンドメイドの子ども用雑貨や洋服、おいしいスイーツやお弁当を用意しています! 
その他、ママのための地震減災教室を開催、中山間地の子育て支援のサポート、日本平動物園とのコラボ、新静岡セノバやエスパルスドリームプラザでの開催、西部での開催など、静岡県下にて幅広く活動中♪
詳細については、こちらのブログと「はぴまま実行委員会」Facebookにて情報公開中!子育てを一緒に楽しみましょう♡

全記事表示リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

更新通知を受け取る