TOP アクセス 9/8(金) 9/9(土) 9/10(日) 記事一覧 メール



東日本大震災や熊本地震を通し

はぴままが行きついた結論。


大規模災害に直面したときに

最も大切なのは「死なないこと」。



岩手県陸前高田市の「おやこの広場

きらりんきっず」さんと関わり、

お話を聞かせていただくなかで

最も心に残った言葉は


「地震がきたらともかく生きて」でした。





1月22日に島田市の「たけのこ保育園」で

『子どもたちの未来を守る勉強会』を開催しました。


gen280122 (11) 

思い立ったのは保護者の方でした。


「子どもが大半の時間をすごす

子どもの保育園は地震が起きても本当に大丈夫なのか?」


gen280122 (2) 



「大規模地震が起きた瞬間、一体どうしたらいいのか?」




gen280122 (15)


はぴままへ問い合わせをいただき

NPO法人減災教育普及協会の

江夏猛史さんをご紹介。


gen280122 (1) 

保護者の方18名、そして

園からも9名の先生方が参加をし、

減災教育普及協会江夏さんのもと

開催となりました。


 


保護者の方は

本当の減災とは何なのか?について考え、


gen280122 (16)


先生たちは、園内をくまなく

減災教育普及協会のメンバーと見て回り


gen280122 (7) 

その瞬間この場所が

どうなることが想定されるのか?


gen280122 (10) 

何が起こる可能性があるのか?について

具体的に考え


gen280122 (9) 

様々なことを想定し

考える時間となりました。



gen280122 (8) 



震災から6年が経過。


2017年3月10 日時点、

死亡が確認されたのは1万5893名、

行方不明者は2553名、

震災関連死は3523名、

避難生活者は12万3168名。

(警察庁、復興庁データより)


大規模災害というものは、

私たちの生活を一変させるのだと

痛感する数字です。



「防災」や「減災」していますか?

 


そして、

あなたの思う「防災」や「減災」で

「地震の瞬間」を生き抜くことはできますか?


 gen280122 (3)




生き残ったあとの準備は

もちろん必要だと思います。

でも「地震の瞬間」を生き抜かないと

備蓄品を使う人もいなくなります。




自然災害に「絶対安全」はありません。




gen280122 (14) 

自分の準備で

本当にその瞬間を生き抜けるのか?

自分の思っていることで

大震災を生き抜けるのか?

いま一度、考えてみませんか。


 gen280122 (4)



以下、たけのここども園のみなさんの感想です。

個人的に一番印象深かったのは

「2歳だけど子どもと地震の話をしようと思いました」

という保護者の方の意見でした。



「今回の教室を受講した感想など」


2_2017031116574137b.jpg



7_20170311165748808.jpg



5_20170311165745832.jpg



11.jpg



13_201703111657365df.jpg



4_20170311165744860.jpg



「今日の内容を受けて何か行動を起こしますか?」


1_2017031116573996e.jpg


 8_201703111657505cb.jpg


6_2017031116574773c.jpg


3_20170311165742048.jpg


14_20170311165738b4b.jpg


12_20170311165735de5.jpg



大規模地震に備えること、

そして復旧も次のステージへ


進むときだと考えるべきだと思います。
今年の元旦の新聞です。
IMG_3816.jpg 


取り残されないようにしなくては…


そう思った年明けでした。


NPO法人減災教育普及協会⇒Facebook


スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿する
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

はぴまま実行委員会

Author:はぴまま実行委員会
静岡のママをハッピーに♡
子育てママのための癒しのイベント『はぴままカフェ』を2月、5月、9月の年に3回、静岡市の「駿府匠宿」にて開催しています。託児付マッサージ、ネイル、ハンドメイドの子ども用雑貨や洋服、おいしいスイーツやお弁当を用意しています! 
その他、ママのための地震減災教室を開催、中山間地の子育て支援のサポート、日本平動物園とのコラボ、新静岡セノバやエスパルスドリームプラザでの開催、西部での開催など、静岡県下にて幅広く活動中♪
詳細については、こちらのブログと「はぴまま実行委員会」Facebookにて情報公開中!子育てを一緒に楽しみましょう♡

最新記事

全記事表示リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

更新通知を受け取る